松坂桃李と綾瀬はるかの目撃情報の真相は?父親は大学の教授?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

article63-01

松坂桃李さんは
注目の若手俳優の1人です。

朝ドラ「梅ちゃん先生」では主人公の幼なじみで
夫のノブを演じて知名度が上がりましたよね。

その後も映画やドラマに多く出演しています。

そんな松坂桃李さんの綾瀬はるかさんとの
熱愛について真相を調べてみたいと思います。

また、父親が大学の教授をされているという
噂があるので、これも調査したいと思います。

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:松坂桃李(まつざか とおり)

生年月日:1988年10月17日

出生地:神奈川県

身長:183cm

血液型:A型

 

出演作品

ドラマ
「侍戦隊シンケンジャー」(2009年)
「怪盗ロワイヤル」(2011年)
「連続テレビ小説 梅ちゃん先生」(2012年)
「ダンダリン」(2013年)
「大河ドラマ 軍師官兵衛」(2014年)

映画
「僕たちは世界を変えることができない」(2011年)
「アントキノイノチ」(2011年)
「ツナグ」(2012年)
「今日、恋を始めます」(2012年)
「万能鑑定士Q-モナリザの瞳-」(2014年)

 

綾瀬はるかの目撃情報の真相は?

松坂桃李さんといえば
綾瀬はるかさんとの熱愛がありましたよね。

 

article63-02

2015年元旦にスポーツ紙で
報じられました。

2人の出会いは
2014年に公開した
映画「万能鑑定士Q-モナリザの瞳-」での
共演がきっかけ。

熱愛報道が出た直後は
双方の事務所とも「友人です」と
熱愛を否定していました。

 

そこで一度は下火になったのですが
4月に女性セブンが交際1年以上であると
報じました。

また2人の目撃情報として
綾瀬さんの自宅近くのスーパー
時間差で訪れていたということがあったようです。

綾瀬さんが買い忘れたものを
松坂さんが買いに来たという感じだった

とは女性セブンがスーパーの関係者から
聞いた情報。

2人での目撃情報はないとしても
交際を感じさせる状況はあるようです。

 

また綾瀬さんの父親が女性セブンの取材に
なぜか(?)応じた際には

2人の問題なのでよくわからない

としながらも笑顔が絶えなかったようです。

何か意味があるのでしょうか?

具体的な情報はあまりないですが
ビックカップルになるほど
厳しい目をかいくぐって
愛を育んでいるので
2人もその可能性はあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

父親は大学の教授?

松坂桃李さんの父親が大学の教授ではないかと
ネットで話題になっていました。

たしか松坂さんがトーク番組に
出演したとき

父が大学で心理学を教えている

と話していました。

 

ネットでの噂では

東京福祉大学で教授している

ようですが、実際にそうなのか?
調べてみました。

 

まず、お名前ですが
松坂秀雄さんというそうです。

東京福祉大学で教授をしているか
という点については
まず教授ではなく講師という立場のようです。

松坂さんの父親も東京福祉大学を卒業していて
今は臨床心理実習などを教えているようです。

また葛飾白百合幼稚園の理事もやられているようです。
こちらのホームページにお顔がありました。

葛飾白百合幼稚園のスタッフ紹介ページへ

 

松坂桃李さんと父親とのエピソードとしては
やはりお名前が一番有名ですよね。

桃李という名前は中国の歴史書
史記」の一節から来ています。

桃李もの言わざれど下自ずから蹊をなす
(とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす)

桃やすももはものを言わないが、
実がおいしいので人が集まり、
その下には自然に人が慕い集まる

という意味。ここから、

徳のある誰からも慕われる人になってほしい

という意味を込めて名付けられたそうです。

父親の子供への思いが伝わってきますね。

 

また、この名前は父親だけでなく
母親が考えた由来もあるそうです。

日本三大説話集「古今著聞集」にある
四字熟語から取られたもので

桜梅桃李(おうばいとうり)

桜には桜の、梅には梅の良さがある。
桜は梅に嫉妬しなくてもいい、
李は桜を羨ましく思わなくてもいい。
それぞれがそれぞれの良さを出して
咲くことが大事

という意味。ここから

自分らしさを大切にしてほしい

と願いをこめたそうです。

どちらも良い由来ですね。

 

ちなみに読み方は
「とうり」ではなく「とおり
だそうです。

父親と母親が願いを込めた通り、
多くの人に慕われる個性的な
俳優になれるでしょうか。

今後に注目ですね。

スポンサードリンク

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA