本郷奏多が大学で立ち上げたサークルの部員数がすごい?「進撃の巨人」アルミン役の評価は意外⁉︎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

article85-01

子供の頃からモデルとして活躍
している本郷奏多さん。今は若
手俳優として注目されています。

最近では進撃の巨人にも出演し
知名度も一気にあがったはずで
す。

そんな本郷さんの学生時代、俳
優としての評価について調べて
みました。

スポンサードリンク

プロフィール

名前:本郷奏多(ほんごう かなた)

生年月日:1990年11月15日

出生地:宮城県仙台市

身長:173cm

血液型:O型

こう見えてガンダムマニアで
ガンプラ制作は趣味レベルでは
なく「匠の技級」なんだとか。

 

出演作品

映画
「HINOKIO」(2005年)
「テニスの王子様」(2006年)
「NANA2」(2006年)
「進撃の巨人」(2015年)

ドラマ
「あいくるしい」(2005年)
「正義の味方」(2008年)
「白戸修の事件簿」(2012年)

 

大学で立ち上げたサークルとは?

本郷奏多さんが通っていた大学
日本大学芸術学部写真学科
す。

日大芸術学部といえば、多くの
芸能人が卒業しています。

写真学科では、
女優の大塚寧々さん
写真家の篠山紀信さん
などが卒業生としています。

→日大芸術学部の卒業生一覧を見る

 

同じ写真学科に通っている黒島結菜さんの記事はコチラ。黒島結菜の母はメンバー公認の嵐ファン?大学の写真学科に進学した意外な理由とは

 

また本郷さんは大学時代に仲間と
一緒に映像関係のサークルを立ち
あげたそうで、100人以上の部員
が在籍していたようです。

100人の部員というのは、ちょっ
と怪しいとは思いますが、もし本
当なら、相当魅力的なサークルだ
ったのかもしれませんね。

「進撃の巨人」アルミン役の評価は意外⁉︎

2015年の漫画の実写版として注目
されている映画「進撃の巨人」に
本郷奏多さんも出演しています。

 

 

本郷奏多さんの役は、アルミンと
いう主人公の幼なじみの兵士です。

このアルミンというキャラクター
は頭脳派で線が細いタイプです。

アルミンから本郷奏多さんがイメ
ージできる原作ファンはいないよ
うで当初批判されていました。

 

スポンサードリンク

 

映画自体も公開後かなり評価が悪
かったです。

やはり原作漫画をファンが納得する
かたちで実写化するのは難しいよう
です。

 

ただ、その中で意外にもアルミンの
評価が高く、実際に映画を見た人か
らは演技が良かったという声が出て
います。

では、なぜ本郷奏多さんは評価が良
かったのか。実は本郷さんは原作の
ファンのようで、それが原作の雰囲
気を壊さずに演技できた要因かもし
れません。

もちろん、演技力自体が高くなけれ
ば原作に忠実にということも難しい
でしょうから、本郷奏多さんの演技
自体が良かったということなのでし
ょう。

本郷奏多さん以外にも、ハンジ役を
演じた石原さとみさんの演技も評価
が高かったようです。ハンジは変人
キャラなのに石原さんはうまく演じ
ることができたようですね。もしか
したら石原さんも変人?なのかもし
れないですね(汗)

 

 

まだ後編が控えているのでこれから
の演技にも注目ですね。

スポンサードリンク

こちらの記事もいかがですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA