沢村一樹の嫁は有名雑誌のモデル?子供は学校で一番背が高い!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

article80-01

今では下ネタキャラとして
認知されている
沢村一樹さん。

本来は数々のドラマに出演している
二枚目俳優です。

今回は沢村一樹さんの
家族について
色々と調べてみました。

スポンサードリンク

 

プロフィール

名前:沢村一樹(さわむら いっき)

生年月日:1967年7月10日

出生地:鹿児島県

身長:184cm

血液型:B型

 

出演作品

ドラマ
「続・星の金貨」(1996年)
「浅見光彦シリーズ」(1998年〜)
「ショムニ」(2000年)
「ごくせん」(2002年)
「篤姫」(2008年)
「DOCTORS〜最強の名医〜」(2011年)

映画
「椿山課長の七日間」(2006年)
「ごくせん THE MOVIE」(2009年)
「サラリーマンNEO 劇場版(笑)」(2011年)

 

嫁は有名雑誌のモデル?

沢村一樹さんの嫁は
有名雑誌のモデルさんだったそうです。

その雑誌というのは「STORY」という
40代女性向けのファッション誌です。

「STORY」といえば
三浦知良選手の嫁である三浦りさ子さんや
清原和博さんの元嫁である清原亜希さんが
モデルとして活躍していました。

 

そんな雑誌のモデルだったということは
相当な美人さんなんでしょう。

で、実際に調べてみると
情報が意外にありませんでした(汗)

数少ない情報によると、

身長は177センチ
沢村さんより5歳年下

とのこと。

 

詳しい容姿については
分かりませんでしたが

以前トーク番組に出演した時に
沢村さんの理想の女性について
語っていて、今の嫁はすべて
当てはまっていると言っていました。

 

その理想の女性像はこちら。

黒髪ストレート
メガネ
分厚い唇
タイミングが絶妙
声が低い

うーん、これに身長177センチが
加わった条件で自分なりに想像しましたが

宝塚出身か外国人しか思いつきませんでしたwww

実際の容姿はもはや想像できませんが
内面についてはどうでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

これも沢村さんが以前番組で話していました。

それは、

世界一誠実な人
尊敬できる人
僕よりずっと頼もしい

かなり男前な人ですね。
こんな理想的な女性をどこで見つけたのか?

 

2人が出会ったのはボーリング場
しかも沢村さんがナンパしたんだとか。

さすがはエロ男爵!出会ってすぐに運命でも
感じたのかもしれないですね。

 

沢村さんとお嫁さんは約4年付き合って結婚。
3人の息子にも恵まれています。

エロ男爵として女性を虜にしてきた沢村さんも
今はお嫁さんが一番なんでしょうね〜。

浮気の噂もありましたが離婚することなく
続いているのは、お嫁さんが沢村さんの
求めているものをすべて持っているから
なんでしょうね。

 

子供は学校で一番背が高い!?

沢村一樹さんには3人の息子がいます。

2000年に長男
2004年に次男
2010年に三男

が生まれています。

 

長男はもう15歳の中学3年生で
しかも身長が父親の沢村さんより
高い186センチ(もっと伸びてる?)
あるそうです。

15歳の平均身長が167〜169センチくらい
なので、おそらく学校の中でもトップクラス
の身長なのではないでしょうか。

父親と母親どっちも身長が高いから当たり前
といえばそうなんですが、遺伝の力はすごい
ですね!

 

次男11歳の小学6年生にもかかわらず
女心をすでに理解しているとのこと。

この辺りは父親に似たのかな?

なんでも髪の毛を切った人にかける言葉で
「髪切ったの?」というのが普通だと思いますが
次男は「似合うね!」と言うんだとか。

この年でそんな気の利いたことが言える子がいる
なんて!いやはやかなりの色男になりそうですねw

 

スポンサードリンク

 

三男5歳とまだ小さいですね。

三男を無事出産した直後、
沢村さんは娘が欲しかったようで
そのことをポロッとお嫁さんに話して
しまったそうで大激怒されたそうです。

そりゃそうですよね、意外に女心が分かっていない?
いや人の心というべきですかね(汗)

 

と、父親としての威厳が崩れそうな沢村さんですが
なんとか子供たちが高校を卒業するまでは保ちたいと

腕相撲では負けないと言っているそうです。
そのために筋トレもかかさずしてるんだとか。

ガンバレ、お父さん(笑)

 

3人の子供がどこの学校に通っているのか
という情報(というか子供の情報)は
残念ながら見つかりませんでした。

それだけ子供たちのことを大事にしているんですね。

なんとか父親の威厳が保たれることを願います…。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA