コードブルー3灰谷はどうなる?7話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コードブルー3灰谷はどうなる?7話で救急に運ばれる。

8月28日放送の「コードブルー3」7話のラストで救急で運ばれて来た灰谷は頭部から出血していました。

この先どうなるのでしょう?

7話を振り返りながら予想したいと思います。

コードブルー3・7話あらすじまとめ


 

8月28日に放送された「コードブルー3」7話では、ドクターヘリが着陸に失敗して墜落してしまう出来事がありました。

新聞には墜落失敗と患者が死亡したのを関係があるように報道されていて、翔北では調査委員会が行われました。

運行上、問題なかったと説明するドクターヘリの機長は調査委員会から責められてしまいます。

灰谷は自分が悪いんですと話の間に入っていこうとしますが、白石に止められてしまいます。

その数日後、ドクターヘリを2週間停止するように命令がはいります。

灰谷が機長に対して焦らせたことに対してはお咎めがありませんでした。

しかし、灰谷は納得がいかず、白石に問い詰めます。

白石は、灰谷を責めることはできない。急いたのは助けたいから。それはみんな同じ、と言われます。

灰谷はその後も落ち込んでいることが多かったのですが、横峯の機転で少し元気を取り戻します。

しかし、電車のホームから落ちて出血多数で翔北に運ばれました。

ここで7話は終わってしまいます。

灰谷は無事なのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3灰谷はどうなる?7話

灰谷が7話の最後、救急で運ばれてきましたが、何があったのでしょうか?

灰谷が運ばれるシーンの前、エレベーターで橘と白石が話をしているところがあります。

そこで、橘は灰谷に睡眠薬を処方しているが数が多いということを白石に注意したところ…白石は聞いたことないという表情をします。

おかしいと思った橘が白石に灰谷に連絡するよう命じますがつながりません。

何回目かのコールの後電話が出ますが、その声は藍沢でした。

そして、藍沢が灰谷が救急で運ばれたと話しました。

治療室にはいった灰谷の状況は

20代男性ホームから転落。頭部から出血あり。意識レベル3桁

でした。

ホームから転落した理由は7話では分かりませんが、エレベーターでのシーンから睡眠薬の服薬が原因のような内容でしたね。

頭部からの出血はけっこうひどかったですが、灰谷はどうなるのでしょうか?

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3灰谷はどうなる?7話

灰谷がどうなるのか?

実は8話の予告を見れば分かります。

 

その日、灰谷俊平(成田凌)が駅のホームから転落し負傷して以来はじめて救命の職場に復帰した。

 

そうなんです。無事だったんです。

ただ、どうして転落したのか、なぜ大量の睡眠薬を服用しているのか、などわからないことはあります。

7話でドクターヘリが2週間飛べなくなったことを灰谷は自分のせいだと責めていました。

相当落ち込んでいたため、自殺をはかったのではないかという声もあります。

現に8話のあらすじでも白石たちは疑っていると書かれています。

灰谷は今後どうなるのでしょうか。

また自殺をしようとするのでしょうか?

それとも、7話のことをバネにより成長していくのでしょうか?

続きが気になりますね。

 

スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA