コードブルー3・3話ネタバレ!冴島の容態は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ここではコードブルー3・3話ネタバレについて紹介しています。

コードブルー3の3話が7月31日に放送されます。

ここでは、3話の内容をネタバレで紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

コードブルー3・2話までの話

翔北救命救急センターに、藍沢耕作、緋山美帆子が帰ってきた。

これで人員不足を補えると思ったのもつかの間、新しく入ったフェローたちに冷たい態度を取る藍沢との間に救命センター内が空気が悪くなってしまう。

新人フェローの横峯は、藍沢からの厳しい問いかけに涙を流す場面も。

一方、藤川一男は冴島はるかの妊娠を知って喜んだのもつかの間、どうして知らせてくれないのか、と悩んでいた。

そして、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまい、冴島から冷たい態度を取られてしまう。

そんな中、ドクターヘリの要請が。

マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたという情報がはいった。

現場には藍沢と横峯が向かう。

ヘリの中で藍沢はこの患者はすべて任せる、と突き放した態度を取る。

こわばった表情の横峯をよそにドクターヘリは事故現場に到着。

急いで患者に駆け寄り、診察を始める横峯。

だが、藍沢は以前沈黙を続ける。

焦りの中、小さな子供助けるため、横峯は覚悟を決める。

的確な指示の下、患者たちの対応をとりヘリでの搬送を始める。

ヘリの搬送中に処置をすることになった横峯だが、白石のサポートもあり無事に患者を救命センターまで運ぶことに成功する。

一方、藍沢は救急車で子どもの搬送を付き添うことに。

救急車の中での処置を冷静に終え、同じ病院へと搬送することができた。

患者たちは無事一命をとりとめ、横峯はほっとする。

そんな横峯を藍沢は叱責するも、最後は「よくやった」とほめた。

そのやりとりを遠くから見ている白石は藍沢のやり方は違うがフェローを育てようとしている姿を感じたのだった。

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話キャスト

藍沢 耕作:山下智久
白石 恵:新垣結衣
緋山 美帆子:戸田恵梨香
冴島 はるか:比嘉愛未
藤川 一男:浅利陽介

名取 楓馬:有岡大貴(Hey! Say! JUMP)
灰谷 俊平:成田凌
横峯 あかり:新木優子
雪村双葉:馬場ふみか

天野奏:田鍋梨々花
緒方博嗣:丸山智己

新海広紀:安藤政信

橘 啓輔:椎名桔平

戸田昌宏
岩橋道子
荻野友里
吉田悟郎
植木祥平
小暮邦明

 
3話動画を見たい人はこちら!
→ コードブルー3・動画3話をpandoraで見れるけど…

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ 天野は手術をするのか?

「命とその人が命よりも大事だと思っているもの。

どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?」

藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。

 

藤川一男は車で冴島はるかと話をしている。

結婚しようと藤川は話すが、妊娠していなかったらしなかったの?と問われ言葉をつまらせてしまう。

 

天野奏がピアノを演奏している。

藍沢先生が天野に手術を促している。

新海は天野の両親に腫瘍の説明をしている。

父親は手術をしてくれと頼む一方、母親はピアノが引けなくなることを心配している。

医者は命を優先する。

 

新海は天野がピアノを選んだことに悩ませていた。

 

救命には渓流で足を滑らせて転落した有名な料理人・緒方博嗣が救命センターに運ばれてくる。

怪我をしているのに魚の心配をする緒方に緋山はちょっと興味を示す。

 
3話動画を見たい人はこちら!
→ コードブルー3・動画3話をpandoraで見れるけど…

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ ドクターヘリが汚染

森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。

白石、冴島、灰谷がヘリで患者を搬送しているとき、患者が嘔吐をする。

すると突然3人に原因不明の吐き気が。

急いで窓をあける白石と灰谷。冴島は意識を失ってしまう。

 

ドクターヘリが汚染しているという知らせを受けた藍沢たちは緊急の対応を。

ヘリが到着すると、藍沢が冴島を担架に運ぶ。

吐き気、頻脈頻呼吸、めまい、顔面硬直などが考えられる。

 

藤川が焦る中、冷静に考えをまとめようとする。

もう一度状況をまとめる藍沢。

「どんなことでもいい思い出してくれ」と藍沢。

灰谷は甘い匂いを感じたと話す。

白石は感じないと話す。

そのヒントから、藍沢は毒物が「シアン」であると推測する。

 
シアン化合物を嗅ぎ分けられる人は◯%?
→ コードブルー3・3話シアン化合物の嗅ぎ分け

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ・毒物特定して処置するも

「なんでだろうな。今日に限って、全部青だったんだよな、信号」

藤川は今日の朝の車での状況を話し始める。

お腹の子のためにヘリを降りて欲しいと伝えたかったのだが、伝えることができなかった。

 

シアンを服用したのは秋本二郎。

アルツハイマーの治療で有名な医師だったが、開発の競争に敗れ自殺を図ったと見られる。

 

その日は、ICUの藤川は冴島の側から離れなかった。

 
3話動画を見たい人はこちら!
→ コードブルー3・動画3話をpandoraで見れるけど…

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ 一夜を明けて

緒方は店のものにテキパキと指示を与えている。

明日にでも帰ろうとしている様子だが、緋山と藤川が状態を確認する限り厳しい。

秋本は妻に冷たく当たる。

橘は息子と会話をしていた。

 

緒方は秋本の冷たい態度に叱責をする。

「負けたのを認めたくなくてラクな方を選んでいるだけだ」

緒方の厳しい発言に怒り出す緋山。

「どんなに強い人でも心が折れてしまうことはありますよ」

「あなたは二度と包丁をにぎれなくなってもそんなこと言えるんですか?」

緒方は自分の症状に気づいていない。

腕をあげようとするが上がらない。

「俺、また包丁握れるよな?」

緋山に問いかける緒方。

緋山の表情を見た緒方は自分の状況が良くないことを悟る。

 

緒方の症状が映し出される。

両側上肢不全麻痺、下肢の筋力は回復傾向
特に手指の麻痺はシビア

中心性頸損
MRIの所見と矛盾しない

経過観察、早期リハ開始

 

藍沢が院内を歩いていると天野に出会う。

「早く手術をしろってお父さんに怒られちゃった」と天野。

ピアノを弾かない生活を想像できない天野。

「私、生きていけるのかな」

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ 秋本が自殺をはかる

救急のベルがなる。

秋本が飛び降りた。

救急処置室で切開を始める。

出血多量。

急いでオペをするが、出血がおさまらない。

 

「ガーゼあるだけくれ」

「ダメージコントロールだ」と藍沢が言う。

 

ダメージコントロールとは?
コードブルー3・3話で出てきたダメージコントロールって?

 

止血をしてICUへ運ぶ秋本。

ダメージコントロールについて、秋本の妻に説明をする白石と藍沢。

24時間経過した後、手術を再開するかどうか決めると、妻に話す。

 

名取、横峯、灰谷が患者について話をする。

名取は「おれに本気で医者になりたいと思ったことないから」と告げるが横峯に流されてしまう。

 

「大丈夫ですか」藍沢が声をかける

秋本の妻が藍沢に夫のことを話し始める。

「本当に生きたいと思っているんでしょうか?」

「本当に生きられるのか、私には分かりません」

 

天野、冴島、緒方。

命より大切なものはあるのだろうか?

 
3話動画を見たい人はこちら!
→ コードブルー3・動画3話をpandoraで見れるけど…

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ ダメージコントロール24時間経過

慎重にガーゼをとりはずす灰谷、白石。

オペはなんとか無事に終わる。

 

藍沢が秋本の妻へ話しかける。

「本当に生きたかったかは分かりません。ですが、少なくとも体は生きたがっていた」

「ダメージコントロールは患者さんの生命力に問いかける行為です」

「秋本さんの体は生きたいと答えた」

「体が答えてくれるまで私たちは24時間待った」

「心が答えてくれるまではきっと、もっと時間はかかると思います」

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ 冴島の容態は?

冴島が目を覚ます。

藍沢が症状を確認する。

大きな障害はなかった。

「良かった」と藤川。

やっと笑顔がこぼれる。

 

緒方に謝罪をする緋山。

「人生を左右することをあんな形でお伝えすべきではありませんでした」

「早く教えてもらえば、その分次にむけて早く動き出せる」

しかし、リハビリをしても完全に回復しない可能性もあると緋山は伝える。

「俺にあてはまらないのかもしれないじゃない」

「俺、見えてますからね。自分が厨房に立っている姿」

笑顔になる緒方と緋山。

「ありがとね。先生。これで復帰が早くなる」

「起きちまったことは変えられない。今しか変えられない。だったら今この瞬間をどう生きるかでしょ」と緒方

緒方の前向きな発言にうなずく緋山と藤川。

 
2人の関係はどうなる?
→ コードブルー3・緋山と緒方が恋の予感?

 

妊娠していなかったら結婚してなかったかということについて、藤川は冴島に話しかける。

「ずっと考えたんだけど、分からなかった」と藤川。

呆れる冴島。

「俺ははるかと生きたい。とにかくずっと、はるかと生きていきたい」

「だから結婚してほしい」

「コレじゃダメかな?あれ?返事は?」

「目を覚ました時、わたし最初に誰のことを思ったと思う?」

「俺?」

「それはない」

「誰だよ?」

「赤ちゃん。私とあなたの赤ちゃん」

手をにぎる2人…。

 

スポンサードリンク


 

コードブルー3・3話ネタバレ 命よりも大切なもの

救命センター処置室で白石と灰谷。

灰谷が白石に謝罪する。

「(ヘリの中で}他のことを考えられなかった。ただ恐いって」

「ボクは臆病者なんです。ボクは医者には向いていません」

「ダメージコントロールのポイントってなんだか分かる?」と灰谷に質問する白石。

「ダメージコントロールの一番のポイントは臆病であること」

秋本の場合、出血を無理に止めようとオペを続けていたら最悪の自体になっていたかもしれない

あの時、一旦手術をやめたから秋本は生きている。

「その判断ができたのは藍沢先生にも臆病の一面があったと思う」

「私も自分向いてないって思う」

「臆病であることも医者の素質に必要だと思う」

「シアンの匂いは感じる人間と感じない人間がいる」

「シアンの匂いは感じるのは40%だ。おまえはたまたま40%の1人だった」

「それで患者と冴島の命を救う行為に貢献した」

 

ピアノのある一室にいる天野と藍沢。

「ちょっと分かる気がする。その、死のうとした人の気持ち」と天野。

「大丈夫だよ。私、ちゃんと手術する」

「弾けなくしないで」

ピアノを閉じる天野。同意書を前に涙をする天野。

「先生、私やっぱり怖い」

命と命より大切なもの。

どちらかをえらばないといけないとき医者は命を優先する。

命さえあれば、いつか大切なものを失ったものの辛さも乗り越えられると信じているから

 

エレベーターでの白石と藍沢。

「やっぱり手術をしたくないって?」と白石。

「難しい選択だよね」

失うものがあまりにも大きい時は

「彼女が普通の女の子ならこんなにも悩まなかった」

医者はどうすればいいのだろう?

 
3話動画を見たい人はこちら!
→ コードブルー3・動画3話をpandoraで見れるけど…

 

スポンサードリンク


 

まとめ

コードブルー3・3話「命より大切なもの」のネタバレを紹介しました。

1〜3話までをまとめてみたい人は「FOD」で!

しかも初月無料キャンペーンを実施しているので、お得に見られます!

[PR]登録は公式ページから
→ 「FOD(フジテレビオンデマンド)」の詳細はこちら

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA