小泉今日子が能年玲奈にあてた手紙の全文とは?タバコの銘柄が判明!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

小泉今日子

小泉今日子さんといえば朝ドラ
「あまちゃん」で主人公・能年
玲奈さんの母親役を演じていま
した。

そんな小泉今日子さんが能年玲
奈さんへあてた手紙とも言われ
る雑誌の連載があります。

出典:http://www.koizumix.com/profile.shtml

スポンサードリンク

 

能年玲奈にあてた手紙の全文

能年玲奈

出典:http://dot.asahi.com/print_image/index.html?photo=2015070100071_1

 

雑誌「SWITCH」で2010年から
続く連載コラムで2013年10月
号で小泉今日子さんは「あまち
ゃん」で共演した能年玲奈さん
のことを語っていました。

「アキと春子と私の青春」とい
うタイトルで始まる文章は、ま
さに小泉今日子さんから能年玲
奈さんへあてた手紙といえるで
しょう。

 

その全文をネットで探してきました。

アキと雨の表参道を歩いた。私はオレンジ色の傘、アキは青い色の傘をさして。アキと同じ年くらいの頃、私は表参道のちょうど真ん中あたりにある横断歩道で信号待ちをしているふりをしながら芸能事務所にスカウトされるのを待っていた。持っている洋服の中で一番可愛い服を着て、お気に入りのタータンチェックの帽子をかぶって。アイドルに憧れて、夢は必ず叶うと信じていた。だからいつも胸がドキドキドキドキしていた。ドキドキしながらいつも何かを待っていた。でも、思い描く未来は明る過ぎて眩しくて真っ白く光っているだけで目つぶしを喰らったみたいに何も見えていなかったのかもしれない。「ママ、どうしたの?」振り返るとアキが心配そうに私を見つめている。あの頃の私にとっては思いもよらない未来に今私は立っている。アキが私くらいの年になった時、オレンジ色と青い色の傘をさして二人で歩いた表参道を思い出してくれるかな。未来のアキはこの表参道を誰と歩いているのだろう。

約一年間、朝のドラマでヒロイン「アキ」の母親役「春子」を演じた。若い頃アイドルを目指し、故郷を捨て、親を捨て、家出までして上京した東京で夢に破れ、タクシー運転手と結婚をして娘を産み家庭に入った専業主婦。そして年頃になった娘はかつての自分と同じアイドルの道を目指し始める。私は子どもを持たなかったが役を通じて母親の気持ちを体現できるのは女優という仕事の面白いところである。ヒロインを演じた能年玲奈ちゃんの瑞々しさはアキそのもので、この子を全力で守りたいという気持ちにさせてくれる魅力的な女の子だった。ドラマの中でのアキの成長はそのまま能年ちゃんの成長だった。これはもうドラマを越えたドキュメンタリー。大人たちの中で懸命に頑張る彼女の姿を見ていると過去の自分をよく思い出す。

春子がなれなかったアイドル。私がならなかったお母さん。人生は何が起こるかわからない。どこで何を選んで今の人生に至ったかはもうわからないけれど、ほんの小さな選択によって、春子が私の人生を、私が春子の人生をおくっていたのかもしれない。私が選ばなかったもうひとつの人生。だから、春子とアキ、私と能年ちゃん、ふたつの関係が物語を通して同時に進行するという不思議な体験をしている。例えば、春子は過剰なほどに娘を守ろうとする。自分と同じ苦い思いを味わって欲しくないという思いが春子をそうさせる。娘を傷つけようとする敵に対して牙をむき暴言を吐き大暴れする。母親ならではの戦いっぶり。でも私の場合は、苦い思いも挫折も孤独も全て飛び越えて早くこっちへいらっしゃいという思いで能年ちゃんを見守る。まさに「その火を飛び越えて来い!」という心持ちで待っている。すぐに傷の手当ができるように万全な対策を用意して待っている。先輩ならではの立ち振る舞い。こんな風にフィクションとノンフィクションが同時に起こっている不思議な体験はなかなかできることではない。あまちゃんマジック。いやいや能年マジックなのだと思う。彼女が私の心を動かすのだ。

撮影中に二十歳になった能年ちゃんに三つの鍵がついたネックレスを贈った。大人になるために必要な鍵。ゆっくり慎重に楽しんで大人のドアを開いて欲しい。ドアの向こうにはいつでも未来が待っている。必要ならばいつでも私も待っている。「その火を飛び越えて来い!」(小泉さん文)

出典:http://yaplog.jp/heart_of_angel/archive/42

 

「あまちゃん」では春子とアキ
という親子役を演じた小泉今日
子さんと能年玲奈さん。

この手紙のようなコラムでは現
実の世界でも親子のように振舞
っている姿が想像できます。

年齢的にみても小泉今日子さん
の子供と言ってもおかしくない
ですもんね。

 

手紙の最後の方に出てくる誕生
日プレゼントのネックレスとい
うのは、ティファニーのスリー
キーネックレスだと思われま
す。大人になるための必要な鍵
って書かれていましたよね。

洗脳騒動ですっかり仕事がなく
なってしまった能年玲奈さんで
すが、この手紙を読み返してぜ
ひ復活して欲しいです、「あま
ちゃん」の一ファンとして。

 

「あまロスに」関する記事とは?

それにしても小泉今日子さんの
文章力はすごいですね。

 

「あまちゃん」の放送が終わっ
てから「あまロス」なんてこと
言われていた時期に、読売新聞
に寄稿した文章も話題になって
いました。

 

一部を抜粋してきました。

 

若者達が夢を持ちにくい時代なのだと何かで読んだ。ひとりの大人として申し訳なく思う。
だから最終回で、アキとユイちゃんがトンネルの向こうに見える光に向かって走り出した時、やっぱり私は泣いてしまった。

夢なんかなくても、夢に破れても、何者にもなれなかったとしても、若者はのびのびと元気でいて欲しい。

それだけで私達大人にとっては希望なのだから。明るい光を目指して走り出す二人は美しくて、たくましくて、眩しかった。

 

小泉今日子さんの視点から見た
今の若者への思いが語られてい
て素敵だなと思いました。

やっぱり能年玲奈さんには復活
してもらわないとですね。

 

ちなみに能年玲奈さんへあてた
手紙が掲載されたコラムが一冊
の本になって出版されていまし
た。

 

 

小泉今日子さんとしても今の能
年玲奈さんの状況は見過ごせな
いのかもしれません。

洗脳騒動の渦中にある能年玲奈
さんに、きっと「その火を飛び
越えてこい!」と伝えたいのかも
しれませんね。

 

他にも芸能情報がたくさん!記事の目次はこちら!

→ ETbankの記事一覧へ

 

タバコの銘柄が意外すぎる?

小泉今日子さんは芸能界でもよ
く知られた愛煙家だそうです。

雑誌「MEKURU」ではタバコを吸
っている写真が掲載されるな
ど、喫煙に対してオープンな様
子。

 

たしかに小泉今日子さんってタ
バコが似合いますよね。

 

「あまちゃん」の天野春子も、
「最後から二番目の恋」の吉野
千明もタバコを吸っていたは
ず。

女優でしかも年齢も50際なのに
タバコを吸うことをやめないの
は、自分の人生に逆らわないで
生きていくというポリシーがあ
るからだそうです。

 

ちなみに小泉今日子さんが吸っ
ているタバコの銘柄は、中国で
製造されている「中南海」とい
うもの。

この「中南海」、実は「最後か
ら二番目の恋」で吉野千明が吸
っていたタバコでもあります。

 

 

千明はそのまんま小泉今日子さ
んなんですね。確かにはまり役
ですよね。

 

それにしても健康志向の流れが
強い現代であえて喫煙を貫いて
いるのはある意味かっこいいで
すね。

姉ががんで亡くなっているだけ
に周囲の人は心配かもしれませ
んが…。

 

関連記事

小泉今日子が姉のがんで感じたことは?亀梨和也との破局はウソだった?

 

他にも芸能情報がたくさん!記事の目次はこちら!

→ ETbankの記事一覧へ

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

CAPTCHA